読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DoCoMo版 iPhone6sを購入!

前回のエントリの結論から一転、iPhone6sを手に入れた。

正直デザイン的には5sの方が圧倒的にラグジュアリーだし、大きさ的にも5sが適切だと考えているものの、今回購入に至ったわけを記載していきたい。

 

購入したキャリアはDoCoMoである。

5年間愛用したSoftbankを抜けてのDoCoMo回帰*1したわけだけど、今回のDoCoMoMNPでのキャンペーンが手厚かった。

 

DoCoMoに入会するにあたって使用したキャンペーンは以下の通り。

端末代に対するポイントと、月額料金に対するポイントとの両方を記載していく。

 

①【端末代に対するポイント】

 下取りポイント・・・・・¥21,000

 のりかえボーナス・・・・¥10,000

 新規契約限定クーポン*2・・¥10,000

 

これらのキャンペーンに加え、ドコモからの端末代に対するサポートを併せると、

端末代は実質0円(どころかマイナス)となっていた。

そのため、月々の請求には端末代が含まれない金額となった。

 

②【月額料金に対するポイント】

 月々サポート・・・・・・・¥2,950

 ドコモにチェンジ割・・¥1,350(※12ヶ月)

 

次に月額料金だが、上記の金額通り、

1年間は¥4,300のサポートがあり、2年目からは¥2,950のサポートとなっている。

 

今回の変更に当たってSoftbankでの契約変更も検討していたが、

上記キャンペーンの黒字部分はSoftbankでは貰えないものと理解している。

そのため、今回はDoCoMoに乗り換えることを選択した。

 

ちなみに月額料金は1年目が約¥5,500程度、2年目は¥7,000程度と非常にリーズナブルな結果となった。

参考までにSoftbank時代の料金グラフ画像を添付するが、ほとんどの月で¥10,000を超えており、非常にお得感を得られる乗り換えとなった。

f:id:hideo89:20151012143635p:plain

 

 

また、使い慣れた5sの使用を継続することを検討したが、

前回のエントリで計算した金額は、2年間期限の割引が執行することを考慮できていなかった。

恐らく月額¥8,000程度となるはずなので、今回変更した方が安くなる、という訳だ。

 

 

非常に簡潔に記載したため、抜けている箇所があるかもしれないが、

大枠は以上のような経緯のもとでiPhoneを更新することにした。

あくまで月額料金を下げることが目的の今回の機種変更であるが、料金体系など今後も節約できる方法があるかどうかは定期的に点検していきたい。

 

*1:学生時代は一貫してDoCoMo派でした

*2:他サイトで紹介されたやり方を基に入手